本文へジャンプ
人材こそわが社の宝なり

資格者不足だからチャンスなんです!
インターネットが普及してお仕事が増えた?
今、住宅地への光通信網が普及してきて光回線へ切り替える家庭が増えてます。ネットワークへの接続工事の需要は確実に増えています。
またテレビも地デジへの切り替えも始まっています。
CATVや光回線への接続で地デジを見る家庭も増えてます。
これらのメディアにつなげるには接続工事が必要です。

資格保有者が必要です!
需要が増えたと言っても工事できるのは誰でも良い訳ではありません。電気通信事業法により工事担任者による工事又は実地監督が義務付けられています。

費用と効果が合います
国家資格である「工事担任者」資格を得るには年二回の試験を受験して合格しなければなりませんが、それには社員の学習意欲と資格取得へのモチベーションの維持が必要です。一方elpitのような養成課程ではいつでも学習を開始できる自動車学校のスタイルをとってますので社員への導入のしやすさ、学習進捗の管理、試験日程の調整といった、各社員の個々のレベルにあった進め方が出来ます。資格を取得された社員が多数いれば、その仕事量は比例して増えていきますので投資に似合った効果が期待できると思います。

お客さまへ安心を与えるには
いま、工事は家庭、会社と多岐にわたり増えております。
お客様から指定された工事派遣だとしても、現場での対応によってはお客様に不安を与えることが考えられます。
そこで、国家資格である「工事担任者」の資格者証提示がお客様への安心を与えることは間違いないことかと思います。

詳しくこちらを!

通信工事ビジネス成功物語へ

関連記事                              「日本データ通信」より抜粋
技術力と経営体質の強化に貢献する「eLPIT」           埼玉アンテナシステム株式会社 様 
必見!「東日本システム建設」の「工事担任者」資格の促進策  東日本システム建設株式会社 様 
CATVの業界動向と人材育成                   株式会社テクノロジーネットワークス 様ユビキダス社会を支える情報技術者の人材育成               日新電話設備株式会社 様