本文へスキップ


電話でのお問い合わせは
TEL.03-5907-6169

〒170-8585 東京都豊島区巣鴨2-11-1巣鴨室町ビル6F

Vol.7 株式会社町田電話工業 様

株式会社町田電話工業様は、LAN工事、電話工事等の通信機器工事全般をメイン事業とされた企業様です。
平成23〜24年度にかけて複数名の受講をいただき、最終的にAI・DD総合種を受講された方は全員が合格を手にされました。AI・DD総合種の合格率100%を成し得た指導方法や受講された感想等について、町田電話工業様の役員様及び受講された方からお話をうかがいました。



2年がかりで全社一丸となってAI・DD総合種資格取得に取り組む

町田電話工業様において「工事担任者資格」を必要とされたきっかけは、
社員のスキル向上に苦慮された社長様が、一生使える資格を社員に持たせ、
業務のモチベーションをアップさせるという目標のもと、トップダウンにより
全社一丸となっての資格取得作戦に乗り出す、というものでした。

しかし、資格取得を目指すにあたり、知り得た情報から、国家試験では
社員をまとめて学習させる機会が無く、皆で揃って合格を手にするのは困難である
と判断。会社で加盟している協会を通して「eLPIT」を知り、受講されるに至ったとの
お話でした。

当初、「DD第1種を取得してからAI・DD総合種を目指す」という計画を持たれたそうですが、これまでの学習習慣や通信への基礎知識のレベルを考えると、DD第1種資格ではハードルが高いのでは?との意見もあり、社員の中から8名がDD第2種を受講されました。

DD第二種では学習習慣を身につけることに一苦労・・・

DD第二種の学習中について、町田電話工業様の教育担当者様にお伺いしたところ、学習開始当初は、受講された皆様が一様に取り組み方に苦労しているように見受けられたそうです。それまでの日常のライフスタイルに、eLPITの学習時間をどう組み込むのか?また、なかなか学習した知識が身についていかず、学習がすすまないことへの苛立ちなどが、受講者の方々の学習進捗の様子から見て取れたそうです。



”会社での学習”
で競争意識を持って励んだことがポイントに!

町田電話工業様では、学習は自宅でも出来ることが受講者には通達されたそうですが、DD第二種の受講期限が迫ってきた際に、ほぼ全員が自主的に仕事の後の時間に会社で学習を始められたそうです。そのことが互いの刺激となって競争意識を高め、学習効果が中間テストの点数に顕著に現れてきたようです。一人合格者が出た後にはさらに競争意識をあおり、次々に合格を手にされる方が増えていきました。結果的に、DD第二種の受講は8名中、受講中に転勤により試験日程をスケジュールできなかった1名を除いて7名が合格を手にすることができました。


DD第二種からAI・DD総合種へステップアップ!

DD第二種の合格から約半年後に、合格者の中から5名が科目免除(二科目受講)でAI・DD総合種の受講を開始されました。DD第二種で基礎的な知識、技能等を得ていた結果、スムーズに学習をすすめ、学習終了に至るまでの総時間も、二種を受講した時とほぼ変わらないような短期間のうちに、受講された方の全員がAI・DD総合種の修了試験に合格!二種→総合種へのステップアップを活用するという2年がかりの資格取得計画が成功裏に終わった瞬間でした。



〜受講生からの受講体験記(入社3年目のAさんより)〜

自分は、eLPITを受講したメンバーの中では一番年下だったのですが、先輩たちと共に学習している中で、「自分が落ちるわけにはいかない!」というプレッシャーがありました。
学習はほぼ毎日、仕事の後に職場で1時間程度取り組みました。他のメンバーとも一緒に学習していた中で、「修了試験はお前が先に受けてこい!」と背中を押されるような形で試験に挑みましたので、合格できて本当にホッとしました。
自分が合格した後は、周りも「負けてはいられない!」と思ったのでしょうか(笑)・・・それはわかりませんが、受講したメンバーは全員が合格することが出来たので、皆で喜びを分かち合うことができました。
資格者証を無事手にして、長期に渡って勉強してきた甲斐があったな、と思うととても嬉しかったです。
eLPITの教務課からは定期的に進捗状況を知らせてくれるので、学習の励みになりました。学習内容は難しいですが、中間テストを繰り返し行うことで理解は深まりますので、これから受講される方も受講中の方も諦めずに頑張って欲しいと思います。




(一財)日本データ通信協会eLPIT事務局

〒170-8585
東京都豊島区巣鴨2-11-1巣鴨室町ビル6F
TEL.03-5907-6169