これからeLPITをはじめる方へシリーズの最近のブログ記事

読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。

気付けばあっという間にクリスマスです。
週末の3連休は、クリスマスを楽しむ人々で賑わいそうですね。

さて、前回までeLPITの申し込み画面の入力についてお知らせしました。
実は、ここで終わりではありません。

入力した情報を送信した後、登録したメールアドレス宛に2回メールが届きます。
※何も届かない場合は、アドレスの入力ミスと思われます。
 再度、登録するか事務局まで連絡してください。

【1回目】お申込み後に届くメール

[eLPIT]受講申込みを受け付けました

<内容>
本人確認のため以下のリンクをクリックしてください。

https:/*****************************************(←リンクをクリック)

このメールが届いたら、メール内のリンクをクリックしてください。
ここをクリックしないと、本人確認ができないため、お申込み手続きを進めることができません。


【2回目】本人確認クリック後に届くメール

[eLPIT]受付確認とご案内

受付内容と今後の流れについて記載されています。
必ず、確認をしてください。

また、科目免除コース学生割引の方は、資格者証・学生証のコピーを
事務局まで送付願います。

準備が整いましたら、請求書を発送いたしますので、到着をお待ちください。
※請求書発送後、事務局からメールを送信します。

◆お申込みから養成課程修了までのステップはコチラを参考にしてください。

お申込みに不備がある場合、メールでお伺いすることがあります。
こまめにメールチェックをするよう心がけてください。

今回で、eLPITのお申込み画面についてのご案内は終了です。

eLPIT事務局では、AIDD総合種・DD第1種・DD第2種・DD第3種の
資格取得を目指すみなさまからのお申込みをお待ちしています。

引き続き、よろしくお願いいたします。

eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

申込み画面(氏名).JPG

読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。

関東地方は、久しぶりに良い天気になりました。
気分がよいので、昼休みは地蔵通り商店街を散歩しました。
事務局オススメのたい焼きに、クリーム入りが新登場しましたので、
次回レポートしてきますね。

引き続きeLPITの申し込み方法についてご紹介します。

前回、保有資格についてお話しました。
学生時代に趣味で、「第二級総合無線通信士」を取得していたということも
あり得ますので、免除科目対応表を確認してくださいね。

さて、いよいよお名前や住所です。
*印は、必ず入力してください。

[注意事項]

お名前・生年月日

eLPITの修了試験に合格すると、修了証明書をお届けいたします
住民票の写しなどの氏名・生年月日を証明する書類とともに
修了証明書を総務省へ送付し手続きをするのですが、
お名前や生年月日が間違っているとスムーズな手続きをすることができません。
入力データをそのまま使いますので、間違いのないよう注意してください。

住所

受講開始に必要な受講者キットやお支払いのご案内をお届けします。
お届けできないと学習を始めることができません。
建物名など漏れのないようにしてください。
表札と苗字が異なる方は、住所の最後に○○様方(表札の苗字)と
入れるとより安心です。

メールアドレス

携帯電話アドレスは使用できません。
また、確実に大切なご案内をお届けするために、フリーメールはご遠慮ください。
コチラも見てください

請求書

会社で受講料の支払いをするなどの理由で、請求書が必要な方は請求書の宛名を
ご記入ください。
直接会社への送付を希望の時は、次ページで会社名・住所等をご登録願います。

すべて入力が終わったら、右上の「次へ」をクリックしてください。
次ページも必要項目を入力し「登録内容の確認」をクリック。
最後に内容確認したら、画面の入力は終わりです。

この後、登録したメールアドレス宛に、受付確認のメールが届きますが、詳細はまた次回。
次回もお楽しみに。

eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp


読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。
受講者画面(保有資格).JPG

もうすぐクリスマスですね。
eLPIT事務局のある巣鴨では、目立つイルミネーションは、見かけませんが、
日本各地には、クリスマスイルミネーションで有名な場所も多いですよね。
ここが綺麗だったよ!という場所があれば、是非メールでお知らせください。

さて、引き続きeLPITの申し込み方法についてご紹介します。

前回は受講コースを紹介しましたが、次は、保有資格の選択です。

選択肢にある資格をお持ちの方は、該当の資格を選択してください。
お持ちでない方は、「保有資格なし」を選択します。

なぜ、資格を持っているか否かを聞くかといいますと、
お持ちの資格により、eLPITを受講する際、受講科目が免除されるためです。

例えば、DD第1種を受講する場合で説明しましょう。

資格をお持ちでない方がDD第1種を受講する場合は、基礎、技術、法規の3科目を受講します。
(受講コース名:DD第1種3科目受講)

アナログ第2種の資格をお持ちの方が、同じくDD第1種を受講する場合は、
基礎の受講が免除され、技術、法規の2科目を受講します。
(受講コース名:DD第1種2科目受講)

このように、対象の資格をお持ちの方は、受講科目が免除されるというわけです。
DD第1種3科目受講と、DD第1種2科目受講では、受講期間や受講料も異なります。

受講期間・受講料は料金価格表で確認を。

お持ちの資格と受講科目については、「免除科目対応表」にて確認してください。

http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/guid/guid08.html

また、対象の資格をお持ちの方は、資格者証コピーの送付をお願いしています。
(申告しただけでは、受講科目は免除されません)

なお、開講後に科目免除の対象資格をお持ちである旨のお申し出があっても、
受講コースの変更はできません。
「実は、学生の時に取得していた・・・」なんてこともあります。
「自分は関係ない」なんて思わずに、一度免除科目対応表を確認してくださいね。

ここまで入力すれば、次はお名前や住所等です。
ここでも、注意していただきたいことがありますので、また次回ご紹介しましょう。

次回もお楽しみに。


eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

受講者画面7.JPG読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。

今朝は寒かったですね。
関東地方は、この秋一番の寒さだそうです。
(立冬過ぎましたが、11月の季節は秋ですね)

さて、引き続きeLPITの申し込み方法についてご紹介します。

お申込み区分の選択をしたら、次は受講コースです。(お待たせしました!)

eLPITでは、次の4講座を開講しています。

DD第1種:デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事。
        ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための
        工事を除く

DD第2種:デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事
        (接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒100メガビット以下のものに限る。)
        ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く


DD第3種:デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事
        (接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒100メガビット以下ものであって、
        主としてインターネット接続のための回線に限る。)
        ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く


AI・DD総合種:アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事


各受講コースとも、標準学習期間が設定されています。
たとえば、AIDD総合種の標準学習期間は、8ヵ月です。
(各受講コースにより異なります)

学習内容や、標準学習期間については、下記HPにてご確認の上、受講コースを選択してください。
開講後の受講コース変更はできませんので、しっかり確認してくださいね。

http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/guid/guid02.html

不明な点があれば、eLPIT事務局までお問い合わせお待ちしています。

次回は、保有資格の選択について、ご紹介します。
保有資格によっては、受講科目が免除になりますので、必見ですよ!

次回もおたのしみに。


eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。
申込み画面5.JPG

11月6日に続き、eLPITの申し込み方法についてご紹介します。

前回の復習↓
http://www.elpitnavi.com/blog/2012/11/elpitelpit.html


受講区分の選択をしたら、次はお申込み区分です。
右の画像にあるように(またまた小さくてすみません^^;)
[一般][学生割引][給付金]のいずれかを選択します。

選択肢は、以下を参考にしてください。

[一般]:他の2項目に当てはまらないときは、[一般]を選択します

[学生割引]:学校教育法でいう学校および
      都道府県知事が認定を行う職業訓練施設の在学生は学生割引料金
     (5%引き)で受講できます。
      お申込み後、学生証のコピーを事務局まで送付願います。

◆送付先はコチラ
http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/links/student.html

[給付金]:eLPITは、教育訓練給付制度厚生労働大臣指定の認定講座です。
     利用希望の場合は、[給付金]を選択します
    ※開講から1ヶ月以内に利用申請書の提出が必要です。
    
◆詳細はコチラ
http://www.elpitnavi.com/recommend26.html

教育訓練給付制度利用の有無については、開講から1ヶ月以内であれば
お申込み後の申請も可能です。

お申込み区分の選択はできましたか?
次は、受講コースの選択ですが、また次回紹介しましょう。

次回もお楽しみに。

eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

申込み画面.JPG

読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。

引き続き、これからeLPITを始める方に向けて情報をお届けして参ります。

今日からは、eLPITの申し込み方法について。
お申込みは下記ホームページお申込み窓口より承ります。

<申し込み窓口はコチラ>
http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/appl/appltop.html

個人でお申込みの方は、個人を
団体でのお申込みの企業様は、団体を選択してください。

ここでは、個人の画面について説明します。

個人をクリックすると、まず受講規約が表示されます。
かなり細かく書いてありますが、これから受講するにあたっての
大切なことが書いてありますので、必ず読んでから、内容に同意できた方は
「同意する」をクリックしてください。

さて、次は個人申込みフォームの入力です。

はじめに選択するのが、受講区分です。
申込み画面2.JPG右の画像にあるように(小さくですみません^^;)
[新規申込み]か[修了者割引]を選択します。

はじめての方は、[新規申込み]
過去2年以内にeLPITを修了(合格)された方は、[修了者割引]を選択し、修了者番号を入力してください。
※修了者割引:10%割引料金で受講できます。

修了者割引の対象になる方は次のとおり。

1、受講申込者がeLPITの既修了者(合格者)であること。
2、再受講申込みが既受講修了日から2年を経過していないこと。
3、お申込み時に、修了番号が申告できること。

入力時に必要な修了者番号がわからない方は、eLPIT事務局まで
お問い合わせくださいね。

詳しくは、コチラで確認を↓
http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/links/shuryowari.html

次は、お申込み区分の選択ですが、
長くなりましたので次回ご紹介します。

次回もお楽しみに。

eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

読者のみなさん、こんにちは。
eLPIT事務局です。

引き続き、これからeLPITを始める方に向けて情報をお届けして参ります。

今日は、お申込みから資格取得までのステップをご紹介します。

<お申し込みから資格取得までのステップはコチラ>
http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/guid/guid06.html

1、お申込み~受講料のお支払い~受講者キットお届け

お申込みは、下記ホームページより受付しています。

お申込み窓口はコチラ
http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/appl/appltop.html

お電話や郵送等によるお申込みは承っておりません。
また、受講料お支払い後、一番早い開講日に開講します。
(※開講日は、月3回。毎月1・11・21日、土日祝の場合は翌営業日です)

開講日に受講者キットを発送します。

2、受講開始~修了試験合格まで
  ※受講期限があります

受講者キットが届いたら、「受講者の手引き」を参照し学習を開始してください。
学習が始められないなど、困ったときは、事務局までご連絡を。

教務課からのアドバイスに従い、学習を終了。

修了試験申込み→受験→修了試験合格→修了証明書の発行
事務局から修了証明書をお届けし、晴れて卒業です。
※追試験は1回のみ可(有料)


3、工事担任者資格証の交付申請

eLPITから修了証明書を受け取ったら、総務省関東総合通信局に
「工事担任者資格者証」の申請手続きを3ヶ月以内に行ってください。

<総務省への申請手続きはコチラ>
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/com/jigyo/shunin/index.html


★受講者の手引き4ページでも受講の流れについて詳しく紹介しています。

http://www.elpit.dekyo.or.jp/elpit/pdf/tebiki_jukou.pdf

次回は、申込み画面について紹介予定です。
お楽しみに。

eLPIT事務局
TEL:03-5907-6169(平日9:00~17:00)
メール:elpit@dekyo.or.jp

月別 アーカイブ